老春時代の満足生活情報発信局(お金と暮らしと占いと人生物語)

還暦を迎え、人生を心地よく過ごし、もっと魅力的人間になる「楽しく楽しく生きる」ヒント探しブログです

自分らしく生きるために

生き生きと自分らしく生きることが、若さの秘訣

若さを保つことの話。 時々、次男と話すのだけど。 「母さん、今年で僕は30歳だけど、25歳くらいに見られるから、これからも年を取らないように、努力しようと思う。まずは、絶対に太らないことだよね。」 「う~ん、そうだね。母さんは今、還暦を超えている…

私の癒し、自分を幸せにするために。

私の癒し。 私は、子供たちの写真や結婚写真などを、持ち歩いている。 渋滞でイライラした時や、嫌なことがあった時、夫と喧嘩をしたときなど、ネガティブになった時に見るためと。 親バカなのですが、子供を見せびらかすために。子供自慢って、他人にはどう…

愛って、人生って何だろう?

子供の頃に、何で生まれてきたのだろうと、考えたことはありませんか? ネガティブな感じではなく、結構早くから、考えていました。 幼少の頃より、色々と経験が多かったからかも、しれません。 「人は、なぜ生まれてくるのか」 今も、その答えは、見つから…

結婚しても自由でいよう

三回の結婚生活で、変わったこと。 一番変わったことは、家計簿をしないこと。 再々婚にあったって、夫になる人に、子供が学校を卒業してから考えたいと言ったが、夫の精神状態(私以外の人に対して人間不信)が悪く、そばにいないと、ダメだと、思った。 そ…

自分らしい生き方ができるのかと言うこと

自分らしい生き方ができるのかと言うことを考える。 私は、自分のことは非常に気に入っているのだが、自分のことが知りたくて、占いをするようになったのだが、どうにもこうにも、困ったもんだと思うことがある。 それは、気が長いときは長いし我慢強いのだ…

物事をする時に、私は自分がしたいから、しているのだと思うことにしている

物事をする時に、私は自分がしたいから、しているのだと思うことにしている。 子供の育て方を間違えたのか、いいや、子供がずるいだけなのだろうと思う。 今日は、長男の家の草抜きに行った。先日、たまたま、裏を見たら、壁にツタが。 えー、何だこれと思っ…

老後に交際費は必要かな。

先日、何かの本だったか雑誌だったかで、老後の生活資金の話を読んだのだが、その中に、交際費のことを書いてあった。飲み代、冠婚葬祭費等。 交際費を少なくする話だったのだが、確かにお付き合いのお金は結構かかる。この交際費を、減らすことは、友人との…

自分の手の中の幸せ

自分の手の中の幸せ。 幸せは、どんなにたくさんあっても気づかなければ、意味がない。 したいことはいっぱいある。 この年のなっても、尽きることがない。 ただ、自分の感じる幸せは何か? このことを考えると、一つは、子供たちの幸せかなと思う。 欠点も…

物事はすべて、うまくやろうとするべからずである

うまくやろうとしないこと、自分らしくやろうとすればうまくいく 50歳で准看護師に挑戦したAさんの話。 ある日、Aさんが、学校のレポートがわかならいからと、教えてほしいと。 軽くいいよと。 レポートを見て、えっ、これの何がわからないの。 何もできてい…

自分らしく生きるために、人並みで普通でいいじゃないですか。

自分らしく生きることは、とても楽だと思う。 だけども自分らしく、人生を生きている人は少ないと思う。 なぜ自分らしく生きることができないのか? 自分のことが、自分でわからないことに尽きるのかも。 社会には、ルールがある。 人として生きるためには、…