老春時代の満足生活情報発信局(お金と暮らしと占いと人生物語)

還暦を迎え、人生を心地よく過ごし、もっと魅力的人間になる「楽しく楽しく生きる」ヒント探しブログです

茶々との出会い

今日は、茶々の出会いの話。 2019年1月8日、時々行く、牛丼チェーンに。 駐車場に降りたら、猫の鳴き声。 駐車場の金網フェンスの上に上がって鳴いている、子猫。 夫に、おろしてやってと言ったが。 「えっ、」という顔。 もう、触れないのね。まった…

マンション臨時総会開催できず

私は、昨年マンションの役員を、輪番制でやっています。 副理事長なのですが、私のマンションは、以前より問題がある。 今期の役員は、仕事を熱心というかまじめというか、毎月理事会をして、 マンションの管理をしています。 今までの理事会は、年四回だけ…

情報を伝えないといけないと思ったこと

急遽、入所することになった。利用者。 16時30分に、連絡あり。約一年ぶりのショート利用。 帰宅願望が強く、大変な方で、女性の介護士の指示は聞かない。 うちで見ることは難しいということで、利用を断っていたということらしい。 私は、看護師なので医…

子供が大人になって、考えること

事件を起こした犯人の親たちを、メディアが取材しているのを見て思うこと。 成人して、家を出ている子供達の生活をどのくらい、把握できるだろう。 私は、四人の息子の母親だけれど、便りのないのは、元気な印なんて思っているので、 子供達に、連絡を取るこ…

日常の生活の中で、幸せを感じる心

時々、フッと幸せだと思う事がある。 しょうもない日常の生活の中。 夫が、腰椎体操をしているのを眺めながら、なんとなく幸せだなと思ってしまう。 毎日、同じ変わりのない時間なのだけれど、子供達が成長して、夫と自分だけ。 もう!とわたしは勝手に、よ…

昨年のアリスと茶々現在の二人の様子

茶々を保護して、一年が過ぎたのだけれど。 昨年の二人の写真があった。 二人の後ろ姿 仲良しふたり 仲良しふたり 今の二人は バトル勃発 最近は、全然仲良くしているところを見ない。 アリスの顔を見ても、お姉さん顔がなく、茶々をみると じゃれているのや…

河津桜を見に行きました

河津桜 先日、倉敷に河津桜を見にいきました。 茶々も一緒です。 満開です ソメイヨシノより、少し濃いめの桜色。 毎年、ソメイヨシノは開花時期を逃したり、雨で散ってしまったりで 見れないことがあるのですが。 河津桜は、開花時期が長いので、見ることが…

介護の現場で、ちょっと変と抜け道ってあるのねと思ったこと。

先日、ある利用者の方が、検査入院といって、病院に入院した。 その方、胃瘻をされていたのですが、口から少しは食べていた。 私たち看護師からは、もう口からは無理があると感じていたのだが。 奥様の希望で、流動食的なものを、おやつとして食べていた。 …

コロナウィルス感染で、チョット心配な事。

テレビを見ていると、中国から部品が入ってこない事で、工場関係が不安定。 景気が悪くなると、社会全体に影響があるけれど。 私の心配は、三男坊。 仕事が、もろに影響を受けるのではと思っている。 長男も、次男も、四男も、影響の少ない職種。 三男だけが…

介護の現場の裏話。こんな施設絶対に入りたくない。

介護の現場で、看護師として働いているのだけれど。 職場で、管理者や上司がよく言うのだけれど、自分の家族や自分が入りたいと 思う職場にしようって。 現実を知れば知るほど、無理、絶対に無理。 介護職員は、一生懸命、お世話してます。 粗探しをされ、ま…

何故、その場で言わないのですか?

人間関係の問題の一つから起こる事だと思うのです。 その場で、言わずに後から物申すという行為。 私の職場でよくあるのだけど。 ユニットリーダーが、担当看護師と合わない。 看護師に言われれば、その場では指示に従うが、後から言いやすい看護師にいって…

霊がついていますかといわれるお客様

対面鑑定のお客様(一体千円で除霊をしていたお客様) 「先生。わたしにはどんな霊がついていますか?たくさんの霊がついているといわれ、一体千円で,除霊してもらっているのですが。」 「えっ。何も感じませんよ。そんなにたくさんの除霊をしないといけな…

電話占い師時代の話

電話占い師時代の話 お金を払っているのだから、当てろと言わんばかりの人、なんでだろうと思う。 本当に悩みがあって占いに来たのか、何がしたいのか。 占いはあたる。だって、統計学だし、こうなるからこうすべきと言っているのだもの。 答えの道は一つで…

今日はひな祭りです。憧れのひな祭りですね。

子供のころ、貧乏だったので、ひな人形が、いいなと思っていた。 大人になって、女の子ができたら、絶対に買おうと。 だけど、残念なことに、息子ばかり。 この時期になると、なんとなく意味もなく、寂しい気持ちになる。 これは、女の子らしこと、子供らし…

家を買うときは、名義は夫、妻?妻でしょ!

なんでと思われる方がたくさんいるかな? これは、私が沢山の離婚相談の占いをした時に、感じたこと。 私の、二度の離婚の経験からの、お話。 離婚して、子供はほとんどが、お母さんが引き取り、母子家庭に、なるよね。 結婚も離婚も、女性は、色々な意味で…

宅配便の荷物を受け取って、持ってきた知人。

毎月届くサプリの宅配。今回は、運悪く2回も、留守だった。 連絡して、再配達を、お願いした。 気をつけていたので、宅配車が停まったと、思っていたが。インターホンが鳴らなかった。 しばらくすると、二軒先きの知人が。 宅配便が来たから、自分の家のだと…

休むほどではない体調

私は、腎臓が悪いのですが、見た目だけは、普通の人より元気に見える。 結構、私自身は、体がだるかったり、足が痛かったりとする。 最近思うのだけれど、しんどいというのは、休むほどではない体調の一つなのだが。 腎臓にとって、このしんどいは くせもの…

梅を、見に行ってきました

岡山県の神崎梅園へ、茶々と一緒に行ってきました。 車の中の茶々 朝、天気が良かったので、先週行けなかったので。 茶々は、何処にいくのか落ち着かない様子。 あまり鳴かないのに、何処にいくのと、聞いているのかと、思うほど、顔見ながらなく。 車の中を…

看取りについて

同僚から、聞いてくださいと。 昨日、Aさんの食事介助をしていたら、Sさんに、 看取りなんだから無理して食べさせないで。もう、やめて。 と言われたんです。 私は、看取りといっても、家族に高齢であるし、延命治療を望むか 当施設で、看取りとするかを、確…

思うようにいかない事

自分の事なのに、思うようにいかない。 何がいかないと言って、自分の体調。 一度、ひどく疲れると戻らない。昨年のクリスマスに、無理を、 したのが、尾を引いている。 特にこの二月の気温の変化に対応できず、体調を崩してしまった。 お陰で、ブログはアッ…

似顔絵を描いて感じたこと

似顔絵を描いてみた。 で思った事、ばばあじゃん。 目元には、シワはないけど、目の下のたるみと ほうれい線と二重アゴというか顎のたるみ。 還暦過ぎたのだから、仕方がないといやあ、それまでだが。 化粧をしていない顔は、ほんと、お婆ちゃんだわ。 でも…

降りて!

最近、茶々が、カラーボックスに登る。 今までは、上がったことがなかったのに 私が、パソコンやアイパッドで調べ物をしていて、遊んでくれないと思うと ワザと登っている様子。 降りてと、しばらく私とバトル。 カラーボックスに上がると、ママは、降りてと…

職場のラインを見て、思う事

先日、職場のラインで、コロナ、インフル関してのお知らせがあった。 「皆さんの働いているところは、看護師もいて、病院や医師もみじかにいて そういう意味ではとてもいい環境だと思っている。いざというとき相談に乗れるのも大切な事だと 思っている。ぜひ…

椿とぼけの花(なんて事の無い朝)

裏の家の椿が咲きました。 でも、あれっ? 赤じゃなかったのか、花の色。 すが入っているのです、白地に赤。 その中に、赤い椿が。 初めて、見たわ。不思議。 10年みてきたけど、 接ぎ木をしているわけではないのに、突然、変わるのか?椿って。 私が、今の…

怒っている職員との会話

「聞いてください。もう、信じられないです。」 医務室でパソコンをしていた職員から声をかけられる。 「どうしたの?」 「昨日、高熱があったFさん。診察に行かせないです。」 「ああ、私もさっき、出勤して、受信していないのねと思った。今日、私オンコー…

はてなブログ始めて一年

一年過ぎました。 自分のことを、書くのはあまり好きではなかったのですが 慣れてきました。 最近特にこまめに、更新できています。 今現在、書くことに専念して、慣れていこうと努力中。 全然、読みやすくもないし、わかりずらいなぁと思いつつ。 ブログの…

障害年金

予約が取れなくて、2時間待ちです。 予約の電話をかけたら、25日。 担当の方から、戸籍謄本を戻しいただいており、その戸籍謄本の有効期限が、2月14日までだったので、 そのことを伝え、今日、待ち時間覚悟で、来てます。 障害年金のための、診断書を提出す…

これから再婚する人へのアドバイス

これから再婚をする人に、私がやってよかったと思う事。 なさぬ仲の子供がいる場合。 その子の、母親になろうと、思わない事、家族と考える事。 自分は、主婦と考える。家を守る女主人と思う事。 なさぬ仲の子供の頃のことは、できる限り情報を集めること。 …

無謀な挑戦は続く

今更の、勉強。 Facebook、Twitter、Instagramもわけわからず始めてしまい 全てが使いこなせず 息子たちに、兎も角使ってたら慣れるよと 言われ、調子に乗ってやっては見たもの、 う〜ん、なじゃあこれって感じ。 それで、 以前購入していたこの本を見ていま…

悲惨な現場の実態

元夫が、78歳で介護度3。経過はわからないけれど、病院から病院への転院。 三件目。 元夫の場合、生活保護受給者なので、役所が動いたのかなと思うが、よくわからない。 私自身が、特養の看護師をしているのだが、私の所はわりとお金がかかる施設かなと思う…