老春時代の満足生活情報発信局(お金と暮らしと占いと人生物語)

還暦を迎え、人生を心地よく過ごし、もっと魅力的人間になる「楽しく楽しく生きる」ヒント探しブログです

還暦を超えて、息子たちの生活を考える。結婚という形でなくてもいいから、誰か信頼できる人が側にいるような生活をしてほしいと心から願う

還暦を超えて、息子たちの生活を考える。 息子が4人いるのだが、上は40歳なのに、彼女もいなく、結婚することはないかもなんて思っている。 3回の結婚をしている私だが、歳をとった時に、支えあえる人がいるのは、大切だと思っている。 4人の子供の親として…

私のお金事情。歳を取って自分だけになると、お金って使わないものなんだと思う。

私のお金事情。 私たち夫婦は、ちょっと変わっていて、私は夫の給料がどれだけあるか知らないし、貯蓄がどのくらいあるのかも知らない。 夫も同じで私が、どのくらいお金を持っているかを知らない。 私たちは、結婚するときに、私の子供が、まだ高校生だった…

人間関係や様々なことに、落ち込まない、「まぁ、いっか。」抱え込まず、手放すことも大切。

人間関係や様々なことに、落ち込まない方法。 人生の一つの区切りという歳になり、後悔することも、色々あったなと思う。 でも、振り返ってみると、私の人生の中で、落ち込んだり、どうしようもないときの口癖が「まぁ、いっか。」だった。 じたばたしったっ…

人生を生きていく中で、悲しい気持ちになることがありますか?

人生を生きていく中で、悲しい気持ちになることがありますか? 私は、悲しいという気持ちは、あまり経験がないのです。 泣かないのかと言うことではなく、「つらい」「苦しい」ということがあっても、 悲しいと思ったことがないと言うことです。 私の中の、…

離れて暮らす親子の関係で思うこと。子供が大人になるということは、見えなくなることが増える。

親子の関係。 末っ子が、現在、大阪にいるのだけど。 この子との繋がりは、スマホのみ。どこに住んでいるか、誰と住んでいるかわからない。 半年になる。便りがないのは元気な証拠というが、男の子であることもあり、メールを送っても、返事はない。要件があ…

腹が立つと言うことが起こる時、価値観が違うわと思うだけ。

私の人間関係の中で、腹が立つと言うことが起こる時。 仕事とか学校とかで、嫌な人に関わらなければならない時は、丁寧に、付き合うだけである。 環境というものの中で、他人との接触はあるだろうが、いちいち、その人間に関わり、自分が一喜一憂する必要が…

やばい、何というか、占う気がない。

占えない、、、、やばい。 何というか、占う気がない。 一生懸命占っていて、ちょっとそれはあんまりじゃないと思ってしまって。 うちの息子なんだけど、先日、「お母さんの占いは、当たらない」みたいに、結構、辛辣に言われて。 はぁ~、よく言うわと思っ…

夫の職場で、ブーム?猫を飼っている人が多くなった。コロナ感染の影響かな。

コロナ感染の影響か、夫の職場でブームの話。 最近夫のから、猫の話がよくある。 家に、猫がいることを、何人かの同僚たちが知ったからかも知れないが。 とある同僚は、家にマタタビを置いて、野良猫を自宅に招入れようとしている。 その同僚は、還暦を超え…

老後について、お金のこと生活のことを考えてみた結果、健康が一番

老後の生活について。 老後のお金について考えてみる。 ○○万いるとかいうけれど、そうかなと思う。 どこにそんなに、お金がいるのだろう? 生活水準を、維持して暮らすならと言うことなのだろうが、私の家ではそもそも、生活水準が高いといえないだろうけれ…

見た目から自分を変えてみよう。

見た目重視。 これは大切だと思う。 ブランドのものを身につけると言うことではない。 人は、目、鼻など五感で、相手を判断する。 生きていくのに、見た目は大切である。 運動をしていない人でも、テニスラケットを持っていれば、「あの人は、テニスをするの…

演じようではないか、人生という舞台で、自分の人生では、自分が主役。

自分の人生では、自分が主役。 昔、子供の頃、何だったか誰が言ったか本で読んだのか覚えていないのだけれど、 「自分の人生では自分が主役だから、女優であるべし」と。 今でも私は死ぬまで、自分の舞台上で「私」という女優であろうと思っている。 だから…

そんなつもりじゃなかったと思うときどうする?

そんなつもりじゃなかった。 こんなことが、他人とのかかわりの中でありませんか? よくあるのは、相手があなたの話で怒ったり、悲しんだりしたとき。 誤解や相手の勘違い、思い違い、悪意なく言ったことなのに、こじれてしまう関係。 「そんなつもりじゃな…

人生100年時代をどう生きるか、働くかを考えてみた

人生100年時代。 先日、高齢者とは何歳からと思って、調べて見た。 65歳から74歳が準高齢者 75歳から89歳が高齢者 90歳から超高齢者 これは、ワーキンググループの提案 私が、子供の頃は55歳が定年だった。約50年前。 私が大人になったら、60歳定年になって…

すべてのことが秘密主義で動き、気づいたら、踊らされて、自分の人生が他人に左右され、利用される世界なのか

森会長の辞任のニュースで思うこと。 正直に言って、森さんは本当に失言が多い人だなと思う。 色々なニュースを、インターネットで見る。 森さんが、辞任した後に、辞任はしなくていいとか、もっともらしく、マスコミ(朝日新聞?)の切り取りだといって、今…

ルールというものがともすれば、人として生きることの足かせになることも事実。自分らしく生きようとすると、集団からはみ出す

自分らしく生きるために、これって、かなり難しいのか? 簡単なのか? 自問自答してみる? 子供の頃から、あの親だからとか、子供だったのに、周囲の目を意識する人間だった。 そのくらい、私の親は、いい加減だった。仕事も何をしているやら(特に父親) 母…

自分が自分を否定することは、他の人を傷つけることにもなる。  人間は、もっと自由だと思うし、自由でいい。

先日、子供と話をしていて、「俺はきっと結婚はしないと思うよ」 「孤独死かな」 「でも、今の友達も結婚はしないと言っているから、ずっと一緒かも」 この三男坊は、自分が購入した家で友人とシェアハウスをしている。 「そうね、それもいいんじゃないの。…

めんどくさい人間関係の職場では、自分のプライベート、自分がどんな人間でらるかを見せないことも一つの手である

仕事をリタイヤして、他人との付き合いがあまりなくなったが、占いカウセラーをしているため、人間関係について、時々考える。 世の中には、本当に小説や、アニメの中だけの話じゃないのかと思う人がいる。 何がしたいのだろうと思う。 自分に自信がないのに…

パワハラ上司について考えること、親孝行するなら、自分の身は守れ。

朝8時30分、頭元のスマホがなる。 「今日の僕は、疲れすぎてテンションが高いのでしょうか?」 昨日も、22時過ぎての残業をした青年が、営業所に入るまでの時間にかけてきた。 毎日、毎日、残業で、帰ったら、寝るだけの性格を余儀なくしている。確かに、繁…

うちの猫事情、猫って個性的ですね。

うちの猫事情。 私の家には、「茶々丸」という猫がいます。 2019年の1月8日に、保護した猫です。茶々丸を飼うことになったのは、茶々丸が、交通量の多いところに、いたので危ないと思い,「おいで」と言ったら、真っ直ぐに私のところに、来たので保護しました…

自分の考えているのが正しいのは、自分に対してだけである

とある会社だけど、ブラック企業、ホワイト企業か? 何かと話をしてくれ青年の会社。 みなし残業ということで、毎月の給料に残業代が含まれている。 毎日、一時間の残業は、営業職なので必要という観念のようである。 帰れるときは、定時に上がることも可能…

還暦過ぎたら、色々と時間がないと焦る自分がいる。

124年ぶりの2月2日の節分がすみ、新しい新時代に入った。 立春になり、春らしくなってきた。 風の時代が始まり、これまでの生き方を変えないといけないと、占いの世界では言っている。 しかし、2021年になって、何故かブログが書けなくなった。 以前は、書く…

母親を、本当の親ではないと思っていた子供の話

子供の心。 親になり、子育てをしている最中に、子供からの何気ない質問に、答えたことで、その子供を傷つけることがある。 それは、ある時「なぜ?」と思ったときに、発覚し、親としての不甲斐なさを感じてしまったことがある。 子供は成人しているが、この…

猫の茶々の怪我で病院に行ったけれど、怖い思いをさせてしまった。

今日は、動物病院に猫の茶々を、診察に連れていきました。 昨日、左の足の爪がはがれているのに、気づいたので、見てもらうため。 茶々は、動物病院の先生が嫌い。以前に、嫌なことをされて怒って以来です。 診察室に、先生が入ってくると、「う~、う~」と…

2020年を振り返って、しんどかったけれど、、、。

今年もあと10日あまり。 24日には、62歳になる。今年はすごく早く一年が過ぎた気がする。 この一年を振り返ってみる。来年のために、残りの人生のためにも。 看護師の仕事を、リタイヤ。身体から、無理はしないようにと感じたから。 若いころは、しんどくて…

自分が亡くなった時に、どうするかを考えてみた。

自分が亡くなった時に、どうしたいかを考える。 以前から、自分が亡くなった時に、お墓をどうするかと考えている。 家庭事情というものもあるが、一番の原因は、三度の結婚。 最初の結婚で、長男がいるのだが、この長男の父親には他に、子供がいないので、息…

人生を振り返って、人間らしく生きることを考えてみた

人生を振り返ってみて、人間らしく生きることを考えてみた。 12月。 今年は何と早く、一年が過ぎたような気がする。 コロナ感染のために、外出が制限されたりして、家の中ですごく事を余儀なくされた人もいて、今年ほど、自分の今までのライフスタイルを、見…

看護学生時代の話。痴ほうのおばあちゃんの話。」

痴ほう老人と嫌な主任の話。 「鬼!お前は、人間じゃない!」 学校から帰ってきて、出勤したら、診察室で大きな声が。 痴ほうで入院している90代のおばあちゃんが、怒っている。この、おばあちゃん、怒ると手が付けられず、物を投げるし大きな声を出す。 な…

看護学生時代の話。嫌な主任。

看護学生時代編。 嫌な主任の話。 全然、仕事をせずに、ナースキャップもつけずに(当時はナースキャップは看護師の必需品)何してる? 総合病院から転職してきた病院で唯一の正看護師。 怖い婦長も、何も言えず、怖い奥さんとは仲が良く、先生も何も言えず…

看護学生時代の話。今と昔。

定年退職をした看護師のここだけの話。 30年あまりの看護師の経験から、働いているときには言えなかったこと。 私は、出産の都度、転職をして、整形外科、外科内科、泌尿器科、小児科、皮膚科、内科、脳神経外科、精神科、オペ看護師、介護施設看護師と、色…

マイホームについて、思うこと。

マイホームについて考えること。 私の家は築50年の中古住宅。 先月、外壁工事をしました。購入して、10年。 今月は、シロアリ駆除の予定です。 家のことは夫任せですが、私自身は、今でなくてもよくないと思っていました。 というのも、リフォームをしての物…